私たちの主な活動

1.放棄された犬猫の保護・飼育

遺棄された犬・猫や動物指導センターや役所から犬・猫を引き取り施設に保護をしています。

 

 

 2.保護した犬・猫の譲渡

施設では保護出来る犬・猫の頭数に限りがあります。そのため、より多くの命を救うためには、保護した犬・猫に里親さんを見つけ譲渡することが必須となります。

 

以下の場所で定期的に譲渡会を行っています。

 

笠間市

二子玉川

新座市

柏市

 

日時などは各HPでご確認ください。

 

3.犬・猫の遺棄、殺処分ゼロを目指して

行政への働きかけ、去勢・避妊手術の推進活動を行っています。また、譲渡の際には必ず不妊手術行うことを条件とし、終生飼育される環境であることを慎重に確認しています。

 

 

4.動物愛護の啓蒙運動、モラル向上への働き

動物愛護に反する環境下で飼育されている犬・猫の救済、飼育の手伝い、状況の改善などの働きかけなどを行っています。

 

地域がら、いばらきの犬猫を多く助けることになります。

保護をするいきさつは様々ですが、殺されてしまう一歩手前のセンターの子や役所の子達を1匹でも多く助けたいと思い活動をしています。

 

保護した犬猫のお世話には限界があり 保護できる頭数にも限りがあります。

助けを待っている次の子達のために 幸せな譲渡は必須になります。
 
ペットショップに行く前に、このような犬や猫たちがいることを知っていただき、目を向けていただけましたら幸いです。
ドッグフードをもらって喜ぶワンちゃん
ドッグフードをもらって喜ぶワンちゃん

こちらの写真のワンちゃんは、心無い飼主さんに飼われている為、まともな小屋も無く、(写真に写っている小屋は私達が設置しました。)短い鎖でつながれ、ごはんは腐った魚の骨、新鮮なお水もたまにしかもらえない、という悲惨な状況で飼われています。

飼主さんに改善をお願いしても、『番犬だから』という理由で、なかなか改善してくれません。

 

農村部には、このような飼われ方をしている犬が本当に沢山います。

動物の飼い方のモラルを高めて、不幸な命を減らしたいと努力しています。